フードホットテイスト

時事も含め、最近のニュースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヨード卵、昆布…ネット流布の民間療法、「効果は不明」

被曝(ひばく)による健康被害には「安定ヨウ素剤」の服用が有効だが、このため原発事故のたび風評が広がる。安定ヨウ素剤は医師の処方が必要となるなど容易に入手できないため、代替品としてヨウ素を含んだものを飲食しようという風評だが、今回はインターネットの書き込みなどがその広がりに一層の拍車を掛けている。

 既に明らかになっているように、ヨウ素入りのうがい薬や消毒液「ヨードチンキ」の飲用は、有害成分が多いことから厳禁だ。

 「放射線を浴びてしまったら、ヨウ素を含む昆布(こんぶ)とかを摂取すると、良いと聞きました」「特に多くヨウ素を含む食品は『こんぶ』で、とろろ昆布や乾燥昆布で出汁をとったみそ汁などを多めに食べるのが無理のない被曝予防です」。こんな記述がネットに目立つ。

 とろろ昆布や乾燥ワカメ、焼きのりなどの海草が有効というネットの書き込みやブログは現在多いが、独立行政法人放射線医学総合研究所は「含まれる安定ヨウ素が一定ではなく、十分な効果が得られるか不明」としている。

 戦後の大阪・道頓堀と歩みをともにし、平成20年7月に惜しまれながら閉店した飲食店「くいだおれ」は昭和61(1986)年のチェルノブイリ原発事故後、ワカメやとろろ昆布、ヨード卵をのせた「放射能除(よ)けうどん」を売り出して大ヒットさせている。だが、放射能汚染には効き目はなかった。

 専門家は「民間療法には惑わされないで」と呼びかけている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000517-san-soci

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/03/17(木) 17:47:08|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【速報】品川駅が地獄に | ホーム | 画像にビデオで通報、マルティメディア110番が誕生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jiro4.blog66.fc2.com/tb.php/2490-2848ba25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。