フードホットテイスト

時事も含め、最近のニュースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<抗がん剤>患部に微小カプセル直送 東大、実験に成功

抗がん剤を微小カプセルに入れて、抗がん剤が効きにくいがん細胞に直接届け、増殖を抑えるとともに細胞内で働く様子を観察することに、片岡一則・東京大教授らのチームが動物実験で成功した。6日付の米医学誌に発表した。

 抗がん剤の多くは、使い続けるうちに薬の働きを抑える物質が細胞内に作られるなどして効きにくくなる。同チームが開発した手法はこうした薬剤耐性がんにも有効で、患部に直接届けることから副作用も軽いという。欧州では人への臨床試験も始まっている。

 チームは、高分子で作った直径約40ナノメートル(ナノは10億分の1)の微小カプセルに抗がん剤を入れ、その抗がん剤に耐性を持った大腸がんマウスに注射。カプセルががん細胞内で壊れる様子が観察できた。同じ耐性を持つマウスに、抗がん剤をカプセルに入れずに投与したところ、25日後にがんの体積が約50倍に増えたが、カプセルに入れて投与したマウスは約2倍にとどまった。

 カプセルは細胞内の核の近くで壊れて薬を放出するため、薬の働きを抑える物質の影響を受けにくいと考えられる。【永山悦子】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110106-00000016-mai-soci

都心だけではなく、どの医者でも可能になって欲しい。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/01/06(木) 19:16:01|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「金環日食」撮影に成功=観測衛星「ひので」―国立天文台 | ホーム | 見ているページをGoogleで簡単に一発翻訳できるフリーソフト「Client for Google Translate」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jiro4.blog66.fc2.com/tb.php/2050-d14ad81b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。