フードホットテイスト

時事も含め、最近のニュースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

九九の「7の段」でつまずく人が多い理由って?

もう、「7の段」は忘れたかも(笑

『新しい算数研究』を発行する東洋館出版社の川田さんに聞くと、大学の先生などに聞いたうえで、まとめとして以下のような回答をくれた。
「確かに7の段は、苦手な子どもが多い、そうです。その理由としては、やはり7(しち)が言いにくいことがあります」
子どもは、通常「なな」と言うことが多いので、「しち」と言うのは、普段使っていない表現を使うため、言いにくく、なかなか数のイメージと結びつかないということが一つ。

また、想像通り、「7が素数であることも関係しているだろう」ということだった。
「7という数字は、元々イメージのしにくい数字です。2とか3とかは、すぐにイメージできるし、それが何個分というのもイメージとして出やすい。たとえば、おはじきが2個ずつ、4つのかたまりがある、つまり2×4ですね。これも、頭に光景が浮かびやすい。でも7という数字は、なかなか浮かばないんです」

さらに、7の段は、比較的わかりやすい「6の段」「8の段」にはさまれているので、よけいにわかりにくい印象もあるのではないか、とのこと。
「6の段、8の段は、2の段、3の段、4の段と大きく関係しているのでわかりやすいですよね? 両方とも答えは必ず偶数です。『6個のおはじきが3つのかたまり』と言われたら、さいころの6の目が3つあるようなイメージが出るのではないでしょうか」
これらは 「あくまでも推測ではあるが、そのように考えられている」のだそうだ。

では、7の段を間違えやすい人はどうしたら?
「7の段は、2の段と5の段を足した答えになります。例えば、4×7は、4×2+4×5です。このようなことを理解していれば、忘れてもすぐに答えが出せますし、イメージもしやすいのではないでしょうか」
逆に、めんどうくさそうな気もするけど……。
「2の段、5の段は九九の中でも、一番易しいと言われる段です。5も素数ですが、答えの一の位が、5、0の繰り返しですから、すぐに覚えます。そのような易しいところをうまく活用して、実際におはじきなどの具体物を活用すると、よく理解できるようになるそうです」
なるほど。九九を覚えるとき、何度も繰り返し口に出し、「音」として身につけていくのは基本ではあるが、だからこそ「しちし、じゅうろく」とか「しちしち、にじゅうはち」なんて誤答が出てきたりもするわけだ。

7の段が苦手な人は、基本に戻って、「2の段と5の段」を足してみるのも良いかもしれません。
(田幸和歌子)

・エキサイト商品検索『新しい算数研究』
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=617408&media_id=58&m=1&ref=news%3Aright%3Aaccess

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/11/25(木) 14:04:50|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ランキング】これ和製英語だったの!? | ホーム | 「人類はもう進化しない」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jiro4.blog66.fc2.com/tb.php/1881-10dbc3a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。