フードホットテイスト

時事も含め、最近のニュースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマスは元をたどるとイエス・キリストの誕生日を祝う祭りではなかった

image_20101125135942.jpg

キリスト誕生以前に行われていた祭りの一つに、12月17日から12月23日まで農業の神サタンがまつられているローマの寺院で行われていた「Saturnalia(農神祭)」と呼ばれる祭りがあったとのこと。
その後ローマで12月25日に「不敗の太陽の誕生日」を意味する「Dies Natalis Solis Invicti」と呼ばれる祭りができたそうです。
さらにスカンジナビアでは12月後半から1月前半にかけて「Yule」と呼ばれる祭りを行っていたようです。
この祭りは北欧神話最強の農耕神とうたわれる「トール」を祭るもので、「Yule log」と呼ばれるたいまつが燃え尽きるまで行われていたとのこと。この「Yule」がクリスマスの原点であり、本来クリスマスは12月末から12日間程度行われていたということになるそうです。

記事によると、そもそもイエス・キリストは12月25日生まれではなかったそうです。
なぜ12月25日がイエス・キリストの誕生日になったのかというと、西暦350年に時のローマ皇帝が異端のカトリック教徒たちをキリスト教に改心させるため「12月25日はイエス・キリストの誕生日だ」と宣言したことからだそうで、それ以来12月25日はイエス・キリスト生誕祭として祝うようになったそうです。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081009_christmas_was_not_originally_jesus_birthday/


ええ?!
てっきり誕生日かと思っていた。
違うんだ。。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/11/25(木) 13:59:56|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「人類はもう進化しない」 | ホーム | IP電話で覚えのない国際通話料金の請求に注意>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jiro4.blog66.fc2.com/tb.php/1879-115cfbe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。